元素の周期表は、化学、物理学、生物学、地学、天文学などの幅広い自然科学の進歩とそれに伴う科学技術の発展に多大なる影響を及ぼしてきました。2019年は、ドミトリ・メンデレーフが元素の周期律を発見してから150周年の記念すべき年にあたります。また、様々な元素の質量、同位体存在率、元素名などを決定してきた国際純正・応用化学連合(IUPAC)が設立100周年を迎えます。このような背景の下、国際連合総会において2019年を国際周期表年(International Year of the Periodic Table of Elements; 通称IYPT2019)として祝うことが宣言され、UNESCOがその推進をリードします。国際周期表年(IYPT2019)は、周期表の発見を祝うだけでなく、自然科学の発展が人間社会にもたらした功績を称えるうえでも重要な年となります。

この世界規模のお祝いの年に国内でも各種のイベントが催されることになります。個人・団体を問わず、IYPT2019に関わるイベントを企画される際には、このサイトに情報をご提供下さい。