国際若手貢献者賞

国際若手貢献者賞(118元素賞)について

 国際純正・応用化学連合(IUPAC)と国際若手化学者ネットワーク(IYCN)の共同により、118名の優秀な若手化学者が厳選され、2019年夏パリで開催された記念式典にて118元素名の若手貢献賞が授与されました。我が国からも3名の若手化学者がこの賞を受賞しました。Periodic Table of Younger Chemistsがその呼称であり、直訳すると「若手化学者の周期表」などとなります。2019年6月には選考過程を完了し、7月にパリで開催された記念式典で盛大な授与式が行われました。

 本賞はIUPACの掲げる目標の達成に貢献した者、国連の掲げる持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals; SDGs)の達成に貢献した者、化学の重要性を世に広めることに貢献した者、化学産業の多様化に貢献した者、化学教育・広い意味での科学教育の発展に貢献した者、化学関連の境界領域研究の開拓や異分野融合の発展に貢献した者の中から厳選のうえ受賞者が選出されました。IUPACの達成目標には、優れた研究の推進に加え、国際社会における化学者間の対話強化、情報透明性の向上、化学の多様性と倫理観の向上などがあります。SDGsには、飢餓、病気治療、水浄化、衛生問題、環境問題、エネルギー問題などの解決があります。化学を専攻する学部生、大学院生(高校生以下は除く)、化学を学び学士、修士、博士を取得した者、化学産業に従事する者で40歳までの若手が対象となりました。
 既に、全118元素の若手貢献者賞の受賞者が決定され、公表されています。全受賞者は以下のリンクよりご覧ください。

 

また、以下は日本人受賞者の紹介です。

ニオブ(Niobium; Nb)に対する若手貢献賞は、横浜国立大学大学院理工学府の薮内直明(やぶうちなおあき)教授に贈られました。薮内教授は、日常生活に不可欠なリチウムイオン電池のさらなる高性能化を目指した研究を行っており、将来的な持続可能エネルギー社会の実現に貢献しています。Nbイオンを含む新型電極材料を誕生させ、これらの材料は電気自動車に応用される可能性があります。本賞はその功績を称え、同氏に授与されました。

 

キセノン(Xenon; Xe)に対する若手貢献賞は、東京大学大学院理学系研究科大学の山田佳奈(やまだかな)助教に贈られました。 同氏は、光によって誘起される原子・分子の超高速過程の研究で、Xeなどの希ガス原子を非線形媒質として発生させた高次高調波を用いて、先端的な成果を挙げてきました。本賞はそうした同氏の功績を称え、授与されました。

 

ニホニウム(Nihonium; Nh)に対する若手貢献賞は、理化学研究所仁科加速器科学研究センターの佐藤望(さとうのぞみ)博士に贈られました。同研究所超重元素研究開発部の森田グループが発見した「113番元素」(2015年IUPAC承認)に対し、佐藤博士と共同発見者たちは「ニホニウム」という元素名と元素記号を「Nh」とする提案をしました。彼女の提案は、2016年に正式に承認されニホニウムは日本発、そしてアジア初の新元素となりました。