講演内容(所裕子先生)

ありふれた元素からなる機能性物質

所 裕子(筑波大学大学院数理物質科学研究科・教授)

 現代社会において科学技術は、環境との共生や、人類が築いてきた文化との調和という観点を重視して発展していく必要がある。そのためには高性能な材料や高機能な材料が求められると同時に、地球資源への負担の少ない埋蔵量豊富なありふれた元素からなる材料や、地球環境への害の少ないエコフレンドリーな材料の開発が求められている。本講演では、このような課題にたいし、今までにない発想や着眼点にもとづき、我々がこれまでに開発してきた高機能性材料について紹介する。