講演内容(玉尾皓平先生)

『一家に1枚周期表』に込めた思い

玉尾 皓平 (公益財団法人 豊田理化学研究所・所長) 

 「自然も暮らしも元素記号で書かれている」
 これは、リビングルームで楽しく科学の話しを、との願いを込めて演者らが2005年に企画・制作し文科省から発行されてきた『一家に1枚周期表』の上部に掲げた標語です。私たちの身体はもとより、地球上の身の回りのものから宇宙の果てまで、すべて元素でできていることを表現しました。
 人類社会の発展に貢献する「未来物質」を創り続けてきた科学者たちにとっては、周期表はその発想の原点です。『一家に1枚周期表』では、科学技術の恩恵、特にわが国の研究者たちによって発明発見された成果に焦点を当ててきました。この周期表を通じて、私たちの豊かな生活が日本人研究者の研究成果から多大の恩恵を受けているということを子供のころから実感し、知識を共有し、誇りと憧れを持ってほしい、そして大人から子供までの理科離れを防ぎ、科学を文化にまで高めることにつながってほしいと願っています。
 国際周期表年を機に、これらの活動をさらに推し進め、自然科学全般の進歩と基盤産業の振興、そして次世代の人材育成に役立てていきたいと思います。